So-net無料ブログ作成

アトピーのこと [気になる美容術]

アトピーや乾燥肌は、遺伝的な要素も含んでいるようです。
親が乾燥肌であれば、その子どもも同じように乾燥肌であったり、
アレルギー体質を受け継いだりすることがあります。

アトピー対策の基本はスキンケアですが、
食べ物も同じように気をつけなければなりません。

乾燥した肌から、アレルゲンが進入して反応するのを防ぐために、
こまめにお肌のケアをしてあげる必要があります。

不潔になっている部分は汚れ自体が刺激になったり、
細菌が繁殖したりしてしまうので、
お肌を清潔に保つことも重要なポイントとなります。

症状が悪化したときはステロイドが必要になりますが、
日頃のお手入れ次第で薬を使う頻度を減らすことができます。

自宅で手軽に脱毛 [気になる美容術]

永久脱毛を病院やエステで行うと、
やはりそれなりの費用がかかります。
そんなにお金をかけることなんて、
とてもできないという人も結構おられるかも知れません。
もし、自宅で手軽に脱毛ができればいいのに、
と考える人も多いのではないでしょうか。

確かに家庭用の脱毛器を買えば、
エステに行くよりも費用は安くなりますが、
やはり問題はその効果がどれほどのものかということになります。
なかには、使用後に肌がひどく荒れてしまったりする、
なんていうこともあるかも知れません。

また、家庭用の脱毛器は、
エステや病院で使われるものと比べて威力が抑えられており、
なかなか望むような結果が得られないということもあります。

とは言うものの、費用のことや自宅でできるという手軽さ、
もちろんそれなりの効果は得られるものなので、
そういったことを含めて総合的に考えれば、
家庭用の脱毛器というのも選択の余地はあるかなと思います。

バストアップにパワーヨガ [気になる美容術]

パワーヨガというのは、
ヨガにエクササイズの要素を取り入れたもので、
自律神経を整えて、内臓を刺激することによって、
新陳代謝を活発にしてくれます。

また、パワーヨガは運動量が多くなるので、
カロリーを消費しやすく、脂肪の燃焼を促進してくれます。
ですから、ダイエットにはとても効果があるのですね。

さらに、バストアップや胸を大きくしたいという人にも、
パワーヨガはおすすめのエクササイズです。
バストを支えている大胸筋を鍛えることで、
形がきれいで豊かなバストを作り上げることができます。

マッサージでバストアップ [気になる美容術]

マッサージすることによって、
バストアップの効果を得ることができるツボがあります。

わきの下にある渕腋(えんえき)というツボは、
乳頭からわきへ向かって10cmほどのところにあります。

押すと痛みを強く感じるのですが、
この渕腋を刺激することで、血行を促進して、
姿勢を正しく保って、背筋をピンと伸ばすことにより、
バストアップにつながるのだそうです。

また、「だん中」というツボをマッサージすると、
女性ホルモンの分泌に影響を与えて、
バストアップに効果的なのだそうです。

だん中は、左右の乳首を結んだ中心にあたる胸骨の部分にあり、
押さえてみると少し痛いと感じるところがツボになります。

左右の人差し指と中指を重ねるようにしてツボを刺激して、
上半身を前かがみにして、そのままゆっくりと息を吐いて、
吐ききったら元に戻ってください。
この動作を何回か繰り返すことで、
バストアップ効果を得ることができるのだそうです。

美しいバスト [気になる美容術]

女性にとって、美しいバストというのは、
手に入れたいもののひとつだと思います。

最近は、豊胸手術などを簡単に行うことができますが、
ただ胸を大きくすることだけではなく、
美しいラインでハリのある胸にすることや、
垂れてきたバストを上げるようにしたいものです。

豊胸手術に頼らずにバストアップをするためには、
食生活を改善したり、バストアップ効果のあるエクササイズや、
マッサージをすることが必要となります。

エクササイズでは、大胸筋を鍛えることによって、
バストアップの効果が期待できます。
大胸筋は、胸を支える働きをしているので、
大胸筋の筋力が落ちてくるとバストが垂れてきたり、
ハリのないバストになってしまいます。

簡単な大胸筋のエクササイズとしては、
両手を胸の前で合わせて、両方の肘を平行に保ち、
拝むような姿勢をとって、両手をグッと押していきます。
これを毎日欠かさず続けることで、
美しいバストに近づくことができると思います。

バストアップ手術 [気になる美容術]

胸をもっと大きくしたい、形をきれいにしたい、
乳首の陥没を治したいなどといったように、
多くの女性が胸のことで悩みを抱えています。
中でも、胸を大きくしたいという女性は特に多いのだそうです。

最近は、そんな悩みを解決するために、
美容外科で豊胸手術を受ける女性が増えているようです。
よくあるのが、胸にシリコンを注入するという方法ですが、
他にも、ヒアルロン酸を注入するという方法もあります。

ヒアルロン酸であれば、体に対して安全で違和感もなく、
アレルギーを起こす心配もありません。
1回注射すると1~2年は効果が持続するそうです。
入院や通院することもなく、10分程度の治療で終わります。

胸を自然な形にしたい人や、 バストアップを持続させたい人、
出産や授乳によって垂れてしまった胸が気になる人には、
人工乳腺法というものがあります。
人体に安全なさまざまなタイプのバッグを胸元に挿入して、
バストアップを実現するという方法です。

どの方法がベストなのかは一概には言えませんが、
それぞれの方法のいいところと悪いところを十分に理解して、
自分に合った方法を選ぶことが大切だと思います。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます